写真詩のpageへようこそ

みしゅう mishu101の写真詩blog

ささいなことが、うれしい夜。

f:id:AkebiSirakaba:20210220180746j:plain

運が無いなと思っていた日、帰りにフラッとコンビニへ。

 

会計待ちに並ぶ列、目の前の棚、お菓子が並ぶ。

 

思わずしちゃう品定め。

 

数個手にしたチロルチョコ、カゴの中へと追加する。

 

仕事終わりのイライラからか、甘い物が欲しくなる。

 

久々食べたいチロルチョコ、お菓子を買った満足感に。

 

職場の嫌な出来事の、暗い気持ちも軽くなる。

 

お風呂上がりの、就寝前。

 

ホットミルクのお供には、今宵の楽しみチロルチョコ。

 

一日最後の幸せタイム、チョコの甘さが心地いい。

 

昼間の嫌な気分を忘れて。

 

今夜は笑顔で、ベッドに入ろッ。

 

f:id:AkebiSirakaba:20201217223825j:plain

 

 

森さんの発言を巡って、会長職を辞任されてしまいましたね。

私はあの手の議論には参加したくはないのですけど、辞められてしまったことは、残念だなって思ってしまいます。

 

なぜかというと、森さんは台湾を大事にされていた方で李登輝さんのお葬式にも、コロナ禍の中、持病があっても行かれた方だから。

と言うか、あの時他に行けるような人っていなかったんじゃないかな?って思います。

日本を代表して行ってくれる方って。

 

私は、個人的に台湾って思い入れのある場所、初めての海外自由旅行の地だから。

パックツアーのフリープランじゃなくって、往復の航空券だけで、何も決まってない旅行先、しかも中国語なんて全く出来無いままなんとかなるでしょって行っちゃったとこ。

 

無謀だったけど、楽しかったな、ガイドブック頼りにページ開いて写真見せつつお料理注文したりしても、嫌な顔せず応対してくれた食堂の人。

故宮博物院に行きたくても、バスの乗り方もわからないままの私を見かねて、このバスに乗ればいいよって、バスの前まで連れて行ってくれた方。

お土産買うのなら、観光客向けは高いからって、現地の人が買うお店を紹介してくれた宿のご主人。

市内バスに乗ってガイドブック見ていたら、日本の方ですかって声をかけて来てくれた日本語専攻の女子大生さん、一緒に夜の屋台街を案内してもらったり、翌朝には美味しいお粥のお店を紹介してくれたり。

 

あの旅行では、ホントに台湾の方々に良くしてもらったから、台湾に対する好感度が高いのですよ。

だから、森さんがあんな形で、公の立場を辞められたことがねーッ。

なにかとガタガタ揉める韓国や中国なんかより、もっと台湾と仲良くしたらいいのにって、私は思うのでもったいないなーって気持ちです。

持病のこともあるから、森さんにはお疲れ様でしたって言ってあげたいな。